思ったこと

マイナンバーの意外な影響?運転免許証を身分証として使えなくなる?

投稿日:2016年2月18日
更新日:

去年の10月に結婚して新生活を始めてから数ヶ月が経ち、いろいろ新しいことを始めようと思っています。

サービスに申し込んだり、手続きをしたりするわけですが、そうした手続きをしている中で、ふと思ったのが、最近始まったマイナンバー制度による影響のひとつとして、運転免許証の身分証としての信頼性が相対的に低下したんじゃないかということです。

家庭の資産運用に、投資信託での積立投資を始めようかということで、証券会社の口座開設を申し込んだのですが、手続きの本人確認書類に必要なものとして、個人番号が一番信頼性の高い重要なものになっているのです。

マイナンバー制度が始まる以前にも、他の証券会社に口座を開いたことがありますが、証券会社でもどこでも、たいていの手続きでは、運転免許証、もしくは運転免許証と住民票の組み合わせで本人確認ができていたのに、もうこれからは個人番号ありきになるんですね。

個人番号カードは作ったほうがいい?

rp_20160311105711.jpg

マイナンバーの通知カードが来て、個人番号カードを作るかどうか考えている人も多いと思います。

我が家では、私は免許証があるから必要ないけど、妻は免許証を持ってないから、身分証明書として個人番号カードを作ったほうが便利かな、という程度に考えていました。

だけど、これから運転免許証の身分証明書としての価値が下がるとなれば、個人番号カードを作ったほうが何かと便利なのかもしれません。

証券会社からの案内を見ても、個人番号カードだったら、それ一つで本人確認として通用します。

20160311105737

それに対して、個人番号カードが無ければ、複数の書類を用意しなければなりません。

20160311105756

20160311105813

もちろん、高い信頼性の裏には、個人情報の流出などの様々な危険性もあるのですが、こういう制度が決まった以上は、あれこれ考えるよりもさっさとカードを作ったほうが、楽チンでいいのかなあという風に考えが変わってきています。

スポンサードリンク

運転免許証を取らない人も増えるのでは

私は大学一年生の夏休みに運転免許を取りました。

ですが、大学入学以降ずっと交通網のしっかりした都市部に住んでいて、車を持つ必要性はなかったので、車を所有したことはありません。

でも、現代社会で生きていくうえで、車の運転ができることは人生を少し豊かにすると思いますので、運転免許は取っておいたほうがいいと思っています。

私が大学生のころは、都市部の学生でも運転免許を取るのは普通だったような気がするのですが、いまはどうなのでしょうか。

私が免許を取った頃に言われていた、免許を取るメリットのひとつは、身分証明書として便利だから、持っておいたほうがいいということでした。

そして、そのメリットは結構正しかったと思います。

けれども、これから運転免許を取得できる年齢になる人たちには、そういうメリットはアピールできません。

たくさんのお金と時間をつかって免許を取るわけですから、取らなくてもいいやという人が今後増えるかもしれないですね。

これからは個人番号カードを持ってないと面倒なことになるかも

今回の手続きでは、結局「個人番号が記載された住民票の写し」を本人確認書類として利用しました。

ちょうど引っ越して住民票を変えた時期と、マイナンバーの通知カードが発行された時期が重なって、通知カードに書いてある住所が旧住所のため、通知カードも証明書として使えないからです。

ですが、役所の窓口での受付終了後に自動交付機で住民票を発行しに行ったら、個人番号が記載された住民票は窓口でしか発行できないということで改めて出直したりして、個人番号を使った手続きはやたらと面倒くさいという印象を受けました。

個人番号カードを作る必要性は、いままであまり感じていませんでしたが、今後各種手続きをするのに、個人番号カードがなければ面倒な手続きをしないといけない時代になるのかもしれませんね。

-思ったこと

Copyright© くまらぼ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.