日記

2017年の年末に考える今年の振り返りと2018年に向けての希望

2017年の年末は、群馬県、沢渡(さわたり)温泉の旅館でのんびりと過ごしています。

あったかい温泉に浸かって、美味しい料理を食べて、宿の部屋でのんびりしていると、一年の疲れが取れていくような気分になります。

せっかくなので、ここで僕にとっての2017年はどんな一年だったかを振り返ってみようと思います。

2017年は芽が出た年だった

年末になって振り返ってみると、2017年は僕にとって、これまでコツコツとやってきたことが、少しずつ成果として表に出てきた年だったような気がします。

たとえるなら、これまでコツコツと土を耕したり種をまいたりしていた土地にやっと芽が出たというかんじです。

たとえばこのブログも、春ごろに書いたある記事がヒットしたことをきっかけに、ブログ全体が底上げされたようで、多くの人に見てもらえるようになりました。

そのことによって、アクセス数やブログから発生する報酬なども、ある程度の数字として結果が出るようになりつつあります。

また、仕事の面でも、これまでコツコツとやってきたことや勉強してきたことを少しずつ形として表に出すことができるようになったかなという気がしています。

2018年は、この芽を大切に育てていきたい

2017年は芽が出たといっても、まだまだ小さな芽が出たばかり。

なにかあればすぐに枯れてしまいそうなひ弱な芽です。

これからこの小さな芽をしっかり育てて、豊かな実りを得るところまでいかなければなりません。

そういう気持ちで、2018年はさらなる発展の年にしたいと思っています。

以上、2017年の年末に考えた2017年の振り返りと2018年へ向けての希望でした。

ABOUT ME
タツ
タツ
1983年生まれ。埼玉県さいたま市在住。 ブロガー。 元ネットショップ店長。 2018年の春からフリーランスになりました。 このブログは自分自身のライフワークとして その時々に考えたことや興味のあることについて綴っていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)