日本史

阿部正弘の死因は何?ストレス・病気・暗殺、3つの説を紹介

くま
くま
幕末の老中、阿部正弘はなぜ突然亡くなったの?
タツ
タツ
病死という説に加え、ストレスによる過労死や暗殺説など諸説あるよ。

こんにちは!タツ(@kumalabo_blog)です。

この記事では、江戸時代末期に幕府の老中首座となり、安政の改革など開明的な政策をおこなった阿部正弘の死因についての3つの説を紹介します。

阿部正弘は、江戸時代末期に老中首座として、安政の改革と呼ばれる様々な改革を行った開明的な人物として知られています。

現在放映中の大河ドラマ「せごどん」でも、島津斉彬に協力的な開明的な人物として描かれていますよね。

阿部正弘は、安政4年(1857年)、39歳の若さで突然急死してしまいます。
この若さでの急死、しかも幕府のトップという立場、死因について様々な憶測が出るのは当然ですよね。

この記事では、阿部正弘の死因について、主な3つの説を紹介していきます。
それではいってみましょう!

Sponsored Links



阿部正弘の死因は何?3つの説を紹介

激務のストレスによる過労死説

小説やドラマなどのフィクションでは、この説がとられていることが多い印象があります。

幕末という未曾有の国難が押し寄せた時代。
そんな時代、25歳という若さで老中になり、のちには老中首座という幕府のトップとして様々な問題の対応に当たった阿部正弘。

しかも、老中首座と大老という権限の違いもありますが、阿部正弘は後に大老になる井伊直弼のような独裁的なトップではなく、幕府と朝廷、譜代大名と外様大名、さらには庶民まで、様々な人々の利害を調整する調整役として立ち回るタイプのトップです。

こうした態度はよく言えば民主的、悪く言えば八方美人と受け取られ、昨日の味方が今日は敵になっているというようなことも。

現代でも会社の中間管理職など調整役はストレスのたまる役職。
国難の時代の調整役となった阿部正弘のストレスはいかばかりだったでしょうか。

ストレスが原因の過労死であってもおかしくはなさそうです。

肝臓がんによる病死説

次の説は、肝臓がんによる病死という説です。

阿部正弘はもともと恰幅のいい肥満体だったと言われています。
肖像画を見ても、恰幅の良さは伝わってきますよね。

そんな太っていた身体が、死の直前には激ヤセしたとか、下痢が続いていたと伝わっており、その症状が肝臓がんなのではないかと言われているのです。

また、ストレスからか晩年はかなり酒量が多かったということも伝わっており、そのことも肝臓がんの原因となったのではないかと言われています。

たしか「せごどん」でも、薩摩の焼酎を島津斉彬から手土産としてもらって喜んでいるシーンがありましたよね。

暗殺説

3つ目の説は暗殺説です。

幕府内外に、阿部正弘を快く思わない人々はたくさんいました。

特に幕府の権威を盤石なものにしたい人々にとっては、朝廷や外様大名に気を使う阿部正弘のやり方は気に入らないものだったはず。

阿部正弘は39歳というまだ若い年齢で急死してしまいます。
この若さでの急死、暗殺だと思われてもおかしくないですよね。

「せごどん」第11話では、島津斉彬の食事にヒ素が盛られていたというシーンがありました。
そもそも島津斉彬の死因も自然死なのか毒殺なのか分からないのですが、よくある小説やドラマでは、斉彬に毒を盛るのはお由羅騒動のお由羅と相場が決まっています。

ですが「せごどん」11話では、はっきりと描写があったわけではないですが、斉彬に毒を盛ったのはお由羅ではなく、井伊直弼配下の者であるというような描かれ方をしていました。

将軍継嗣問題などの諸問題で、阿部正弘や島津斉彬は井伊直弼と対立しています。
「せごどん」では、阿部正弘は井伊直弼に毒殺されるのではないかというのが僕の予想です。

 

Sponsored Links



おわりに

いかがでしたか。
もちろんいまとなっては実際の死因は3つのうちどれだったのかを確認することはできませんので、想像の域を出ることはありません。
小説やドラマではいろいろな描き方をされていますので、それらを見て想像を膨らますのが正しい歴史の楽しみ方だと思います。

それにしても、阿部正弘や島津斉彬といった人物がもうちょっと長生きしていれば、幕末の歴史も変わっていたのではないかと思ったりもします。
そういう「もし」を楽しむのも歴史の楽しみですね。

以上、阿部正弘の死因について、ストレスによる過労死説、肝臓がんによる病死説、それに暗殺説の3つの説を紹介しました。
この記事が参考になれば嬉しいです。

阿部正弘について詳しく知りたい方はどうぞ!

ABOUT ME
タツ
タツ
1983年生まれ。埼玉県さいたま市在住。ブロガー。ネットショップ店長。このブログの最高月間PVは19万PV。 ブログは自分自身のライフワークとして その時々に考えたことや興味のあることについて綴っていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)