お酒

「アサヒ ドライブラック ビアホール仕立ての黒」を飲んでみた!味の紹介と感想

「アサヒスーパードライ ドライブラック ビアホール仕立ての黒」を飲んでみました。

たまたま近所のスーパーで見かけて、缶に書かれている「新発売」の文字につられてしまったわけなのですが、実は発売されたのは半年以上前の2016年12月のようです。

というか、発売は2012年で、2016年12月にリニューアルされたんですね。

 

リニューアル時のCMはこちらです。

 

発売されてから結構時間はたっていますが、あまり知名度は高くない地味な存在だと思います。

でも、「ビアホール仕立ての黒」というキャッチコピーがいいですね。

このビアホール仕立ての黒とは、アサヒビールが考えるビアホールの黒ビールの味わいをめざしたものだそうです。

 

缶の外観は、青地にグラスに注がれた黒ビールというデザイン。

シンプルで重厚な感じがします。

原材料は、「麦芽、麦芽エキス、ホップ、米、コーン、スターチ」と結構色々はいっています。

発泡酒や第3のビールっぽい原材料の組合せですが、「スーパードライ ドライブラック 」は生ビールに分類されます。

アルコール度数は少し高めの5.5%です。

 

さて、「ビアホール仕立ての黒」という謳い文句は本当でしょうか。

さっそく飲んでみます。

 

飲んでみた感想は、率直に言ってちょっと表現が難しいです。

けっして悪くはないんです。

普通に美味しいです。

 

ただ、「ビアホールの黒ビール」をイメージして飲むと、黒ビール特有のコクや深み、苦味はあまり感じられません。

 

なんというか、スーパードライに黒ビールっぽい深みを少し加えたという表現がしっくりくるような気がします。

「黒ビール」と言っているからには、もっとコクや深みを出してほしいのですが、ちょっと中途半端な感じもしてしまいます。

 

僕的には、これだったら普通にスーパードライを飲んだほうがいいですね。

ドライブラックのほうを選ぶ理由はあまり見いだせませんでした。

 

見た目は完全に黒ビールなので、いつもスーパードライを飲んでいる人がたまに気分を変えてみるというような場合はいいですね。

 

以上、「アサヒスーパードライ ドライブラック ビアホール仕立ての黒」の紹介と感想でした。

 

 

こちらの記事もどうぞ!

[st-card id=”3090″]

[st-card id=”3097″]

[st-card id=”352″]

ABOUT ME
タツ
タツ
1983年生まれ。埼玉県さいたま市在住。ブロガー。ネットショップ店長。このブログの最高月間PVは19万PV。 ブログは自分自身のライフワークとして その時々に考えたことや興味のあることについて綴っていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)