グルメ・食

鶏胸肉の生ハムチーズ焼き ミートソース仕立てのレシピ【簡単男飯】

鶏胸肉の生ハムチーズ焼き

こんにちは!タツ(@kumalabo_blog)です。

先日ランチをした武蔵浦和の洋食屋さんChisou。

あわせて読みたい
洋食Chisou(武蔵浦和)でランチを食べた感想とメニューの紹介武蔵浦和駅の近くにオープンした洋食屋さん、Chisouでランチを食べてきました。この記事ではChisouで実際に食事をした印象や感想、メニューなどについて書いていきます。...

ここで食べた「地鶏胸肉の生ハムチーズ焼き」という料理が美味しかったので、自宅で真似をして作ってみました。

鶏胸肉を柔らかく焼くのがポイントのオリジナルレシピです。

それではいってみましょう!

Sponsored Links



鶏胸肉の生ハムチーズ焼き ミートソース仕立てのレシピ

材料

  • 鶏胸肉
  • 生ハム
  • とろけるチーズ
  • レトルトのミートソース(たまたま家にあったので)

調理手順

1 鶏胸肉を蒸し焼きにする

この料理のポイントは、胸肉が固くならないようにすること。
しかも、塊の胸肉にしっかりと火を通さなければなりません。

ここでは、まず胸肉を蒸し焼きにして火をしっかり通すことにしました。
蒸し器で10分ほど火にかけます
蒸し焼きにすれば固くなりがちな胸肉も比較的柔らかく仕上がります。

2 蒸し焼きにした鶏胸肉をフライパンで焼く

次は熱したフライパンにオリーブオイルをしき、蒸し焼きにした胸肉を焼きます。

弱火でじっくり、両面に焼き目をつけるのがポイントです。

3 生ハムを焼く

鶏肉に焼き目がついたら、同じフライパンの片隅で、生ハムを焼きます。
焼くのは片面だけでいいと思います。

レストランではおそらく、焼いた鶏肉の上に生ハムとチーズを乗せてバーナーで炙っていたのだと思いますが、バーナーがないのでフライパンで焼きます。
しっかり焦げ目がつくくらいが美味しいと思います。

生ハムが焼けたら、広げるようにして鶏肉の上に乗せましょう。

4 ソースと絡める

ここはお好みで。
「洋食Chisou」では、デミグラスソースっぽいソースを使っていました。

今回は、うちにたまたまあったレトルトのミートソースを使ってみました。
鶏肉を焼いているフライパンにミートソースを入れ、鶏肉と軽く絡めるようにして煮ます。

ソースがなくても、シンプルな塩コショウなどの味付けでも美味しいと思います。

5 とろけるチーズを乗せる

最後に、鶏肉と生ハムの上にとろけるチーズを乗せましょう。

とろけるチーズは、電子レンジなどで軽く溶かしておくのがいいかもしれません。

料理の完成!

これでできあがりです!

鶏胸肉の生ハムチーズ焼き

鶏肉自体は薄味で、チーズや生ハムの塩味がアクセントになって、すごく美味しい料理になりました。

おわりに

以上、鶏胸肉の生ハムチーズ焼き ミートソース仕立てのレシピを紹介しました。

この記事が参考になれば嬉しいです!

ABOUT ME
タツ
タツ
1983年生まれ。埼玉県さいたま市在住。 ブロガー。 元ネットショップ店長。 2018年の春からフリーランスになりました。 このブログは自分自身のライフワークとして その時々に考えたことや興味のあることについて綴っていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)