健康

オムロンの上腕式血圧計「HEM-7133」を買ってみた!私は白衣高血圧?

投稿日:2016年6月19日
更新日:

先日の健康診断で、高血圧を指摘されました。

健康診断というショック療法で、人生の意味を考えた話
5月の半ばに、健康診断を受けました。いま32歳ですが諸事情があって数年間健康診断は受けていませんでした。ですが、昨年の秋に結婚し、妻からも行くように言われていたことから、久々の健康診断へ。これまで大き...

それほど緊急を要するような数値ではなかったのですが、この機会にしっかり診てもらおうと思い、健診を受けた病院の内科で診察の予約をしました。

それと同時に、普段の自分の血圧を把握することが健康管理の第一歩だと思い、家庭用の血圧計を購入することにしました。

上腕式と手首式、血圧計はどっちがいい?

血圧計を買う決心をして、そもそもどういう血圧計があるのか、amazonで見てみました。

そうすると、家庭用の血圧計には大きく分けて、上腕部で血圧を測る「上腕式」と手首で血圧を測る「手首式」の2つがあることが分かりました。

ランキング上位の血圧計は、どれも数百件のレビューがついていて、高評価のものが多かったです。

手首式、上腕式、どちらにしようかと迷ったのですが、それぞれの商品レビューを読み込んで、自分なりに手首式、上腕式それぞれのメリット・デメリットを理解し、結局上腕式の血圧計を購入することに決めました。

以下、自分なりに感じた、手首式、上腕式のメリット・デメリットを書いておきます。

手首式血圧計のメリット・デメリット

手首式のメリット

  • 価格が安い
  • コンパクト
  • 手軽に測定できる

私が感じた手首式血圧計のメリットは、なんといっても価格が安いことです。

かなり評価の高いものでも、2,000円台からありますので、初めて血圧計というものを買う人にとっては、ハードルが低いと思います。

そして、大きな腕時計といった感じで、機械そのものを、手首に巻き付けて測定するという方法なので、手軽に測定ができるというのもメリットだと思います。

手首式のデメリット

  • 誤差が出やすい

低評価のレビューをしている人の意見に目立っていたのが、誤差が出やすいという評価です。

この点について、オムロンのサイトで調べたところ、測定時の機器の位置によって値が変動するということらしく、測定するのにちょっとしたコツがいりそうです。

上腕式血圧計のメリット・デメリット

上腕式のメリット

  • 安定した測定結果が出やすい

上腕式は安定した測定結果が出やすいようです。

病院で測るのも、基本は上腕の位置ですし、家庭用の上腕式血圧計で測る場合も、座って肘をついた状態での上腕部が自然と心臓の高さになるので、誤差が出にくいというわけです。

上腕式のデメリット

  • 価格が高い
  • 大きく場所を取る
  • 測定が面倒くさい

上腕式のデメリットは、まず、価格が手首式より高いということです。

価格帯は大体4,000円台後半から、6,000円台となっています。

そして、手首式のものよりも大きく場所を取るというデメリットもあります。

それに伴って、収納場所に困ったり、出し入れがめんどくさく、測定が面倒だということもあるようです。

 

しかし、この「大きい」というデメリットについては、以前私の親が上腕式の血圧計を使っていて、たしかに結構大きいものだという印象をもっていたのですが、今回最新の物を自分で買ってみて、相当コンパクトになっているなと思いました。

なので、場所を取るというデメリットは、それほど考える必要はないのかなと思います。

スポンサードリンク

オムロン「HEM-7133」を購入

結局私が選んだのは、オムロンの上腕式血圧計「HEM-7133」です。

オムロン 上腕式血圧計OMRON HEM-7133
by カエレバ

amazonではまだあまりレビューがありませんが、多くの高評価レビューが付いている「HEM-7132」の後継機種です。

私が買った時は、楽天市場の店舗で6,500円ほどでした。

購入してすぐに到着。

20160619hem3

さっきも言ったように、コンパクトで驚きました。

20160619hem1

親が使っていた血圧計(たぶん8年くらい前の機種)に比べると、びっくりするほどコンパクトです。

デザインもかなりすっきりしているような気がします。

液晶の数字もしっかり見えやすいです。

測ってみたら正常値。白衣高血圧?

到着した「HEM-7133」でさっそく血圧を測ってみると、

正常値という結果が出ました。

結果は125/82mmHg。

家庭で測定した場合、135/85mmHg以上が高血圧の基準に入るそうです。

 

その後数日間測ってみたものの、すべて正常値です。

血圧はちょっとしたことで変動しやすく、少し緊張していたり、ストレスを感じたりしただけで、高くなってしまったりするそうです。

こういうことを考えると、私の場合は、健康診断の時は「白衣高血圧」だったんじゃないかという疑惑が自分の中で生まれてきました。

白衣高血圧とは、病院などで、お医者さんや看護師さんの前で血圧を測ると、緊張して血圧が上がってしまうというものです。

白衣高血圧の場合、家などで落ち着いた状態で血圧を測ると、正常値という結果がでます。

白衣高血圧かどうかは分からないものの、家では正常値が出たのは事実。

家で測定した数日間の血圧のデータをメモして、病院での診察に臨みます。

-健康

Copyright© くまらぼ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.