言葉の意味

「馬耳東風」の意味を簡単にわかりやすく!例文・使い方・類語・英語など【四字熟語】

馬耳東風の意味

「馬耳東風」の意味は「人の話や意見を聞き流すこと」です。

このページでは「馬耳東風」の意味や由来、使い方や例文、類語などについて簡潔に解説していきます。

「馬耳東風」の意味は「人の話を聞き流すこと」

「馬耳東風」は「ばじとうふう」と読みます。

「馬耳東風」の意味は「人の話や意見を聞き流すこと」です。

「馬耳」は馬の耳。
「東風」は春風のことです。

「馬耳東風」という言葉は唐の詩人、李白の詩に由来します。

世人之を聞けば皆頭を掉り、東風の馬耳を射るが如き有り
李白 「答王十二寒夜独有懐」

李白の詩の意味は
「世間の人はこれ(詩や歌)を聞いても、頭を振り聞き入れない。これは東風(春風)が馬の耳に吹いても何も反応しないのと同じだ」
というような意味です。

ここから転じて「馬耳東風」という言葉が「他人の言葉に耳をかさない」「他人の言葉を聞き流す」という意味になったのです。

「馬耳東風」の使い方と例文

可笑しさを前歯でぐっと噛んで、女たちの小さい反抗を小気味よく馬耳東風に聞き流すふりをしている。
出典:岡本かの子 『母子叙情』

いつものらりくらりしていて、瓢箪鯰で、つかまえどころがありません。こちらから何を言っても、すべて馬耳東風ですからね。
出典:豊島与志雄 『山吹の花』

不安も悲劇も自信も僕にとっては馬耳東風だ。
出典:牧野信一 『吊籠と月光と』

「馬耳東風」の類語

「馬耳東風」と似た意味をもつ言葉にはつぎのようなものがあります。

  • 馬の耳に風
  • 馬の耳に念仏
  • 蛙の面に水
  • 糠に釘
  • 暖簾に腕押し
  • 牛に経文
  • 犬に論語
  • 柳に風

「馬耳東風」と「馬の耳に念仏」の意味の違いは?

「馬耳東風」と似た言葉に「馬の耳に念仏」があります。

「馬耳東風」と「馬の耳に念仏」どちらも「人の話を聞かない、言っても意味がない」という意味をもちます。

この2つの言葉のニュアンスの違いは、「馬耳東風」は「人の意見に流されない」というポジティブなニュアンスもあるのに対して、「馬の耳に念仏」は「言っても無駄だ」というネガティブなニュアンスが強いです。

「馬耳東風」を英語で言うと?

「馬耳東風」を英語で表現するには次のようなものがあります。

Talking to the wall
(壁に向かって話す)

「馬耳東風」の意味まとめ

最期に「馬耳東風」の意味をまとめます。

「馬耳東風」の意味まとめ
  • 「馬耳東風」の意味は「人の話や意見を聞き流すこと」
  • 「馬耳東風」は唐の詩人、李白の詩に由来
  • 「馬耳東風」の類語には「馬の耳に風」「馬の耳に念仏」などがある
  • 「馬耳東風」と「馬の耳に念仏」の意味の違いは「馬耳東風」にはポジティブな意味合いもある
  • 「馬耳東風」を英語で言うと「Talking to the wall」

以上、「馬耳東風」という言葉の意味や由来を簡潔に紹介しました!

ABOUT ME
タツ
タツ
1983年生まれ。埼玉県さいたま市在住。ブロガー。ネットショップ店長。このブログの最高月間PVは19万PV。 ブログは自分自身のライフワークとして その時々に考えたことや興味のあることについて綴っていきます。