映画

『未来のミライ』ネタバレ・あらすじ紹介・感想とストーリーの考察

細田守監督の最新作『未来のミライ』を公開初日に観てきました。

この記事では、『未来のミライ』のあらすじと感想を紹介しつつ、物語の考察をしてみます。

ネタバレありかつ結構辛口ですのでご注意ください!
それではさっそくいってみましょう。

Sponsored Links



『未来のミライ』のざっくりとしたあらすじ

4歳の男の子、くんちゃんが不思議な体験をとおして成長するストーリーです。

舞台は横浜の住宅街にある一軒家。
この家に住む4歳の男の子、くんちゃんが物語の主人公。
両親の愛情を一身に受けて育ったくんちゃんですが、妹の未来が生まれて両親の関心は妹の方へ。
いままで受けていた両親からの愛情を受けることができなくなったくんちゃんは、悲しみ怒り、妹を嫌いだと言い放ちます。
怒ったくんちゃんが中庭に一歩踏み出すと、そこに異世界が現れ、くんちゃんは不思議な人物と出会います。
そして不思議な世界から戻ったくんちゃんは少し成長していたのでした…。

映画の物語は概ねこのパターンで進んでいきます。
つまり、妹に嫉妬して怒る→中庭に行くと異世界とつながる→不思議な人物と関わる→戻るとくんちゃんが少し成長している。
というパターンですね。

くんちゃんが出会う人物たちは、飼い犬のユッコ(なぜか人間で中年男性の姿をしています)、女子高生になった妹の未来、子供の頃のお母さん、若い頃のひいおじいさん、そして高校生になったくんちゃん自身。

そうした人たちとの出会いや試練を乗り越えて、くんちゃんは成長するのです。

『未来のミライ』を観た感想

個人的な感想ですが、はっきり言ってつまんなかったです。
映画館の雰囲気を見ても、エンドロールが始まった瞬間に席を立つお客さんが結構いましたし、映画が終わったあとのお客さん同士の会話を聞いてもやはり評価はかなり厳しそうでした。

映画.comのレビューもかなり厳しいものが多いです。
未来のミライのレビュー・感想・評価 – 映画.com

この映画、ストーリは脈絡がなくて意味不明ですし、登場人物もあまり魅力がありません。

まず主人公のくんちゃんがかわいくないです。
まったく感情移入できなかったですね。
それに最後まで声が違和感ありすぎでした。
上白石萌歌さんが、くんちゃんの声を担当しているのですが、4歳の男の子の声にはどうしても聞こえなかったです。

未来の未来ちゃんも、もっとストーリーに関わるのかと思いきや、それほど関わってきませんでした。
過去に来た理由も深い理由があるのかと思いきや、結局最後までよく分かりませんでした。

雛人形を片付けないと婚期が遅れるので片付けるために来たというのが、未来ちゃんが過去に来た理由。
「女子高生が婚期とか気にするか???」とツッコミたくなりましたが、本当にそれ以上の理由はないようでした。

未来ちゃんが女子高生姿だったのも、単に女子高生を映画に出したかっただけなのではないでしょうか。

福山雅治が声優をしたひいおじいさんはカッコよかったですけど、ストーリー的には脈絡がなく、ただカッコいい男と戦争のエピソードを描きたかっただけなんじゃないの?という感じ。

個人的な評価としては、今年観た映画でダントツで最下位です。

Sponsored Links



『未来のミライ』のストーリー考察

『未来のミライ』のストーリー考察も少しやってみます。

物語の中で起こる不思議な出来事は、中庭に生えている樫の木がキーになっているということがラストで明かされました。
樫の木が家族の記憶を索引のように保存しているというのですね。

そして、そのことを未来ちゃんが知っていたということから考えると、樫の木の秘密を発見したのは未来ちゃんなのではないでしょうか。
それが、未来ちゃんが過去にやってきた理由(来ることができた理由)なのではないかと思います。

また、樫の木の秘密については、未来ちゃんの他に、未来のくんちゃんも知っていそうな感じでしたが、未来のくんちゃんはこの秘密には積極的に関わらないようにしているように見えました。

未来ちゃんの手のアザもすごく意味ありげな感じでしたが、劇中から読み取れる限りでは、過去にやってきた未来ちゃんを、くんちゃんが認識するためだけのもののようでした。

ただ、いろいろ考察のようなことも考えてみましたけど、やはりつじつまが合わないところが出てくるんですよね。

冷静に考えると、樫の木が家族の記憶をインデックスしているというのも意味不明ですし。

なので、僕の考えとしては、この物語はくんちゃんの夢の話と考えるのが一番しっくり来ます。
つまり夢オチですね。

例えば、お母さんが子供のころの世界や、ひいおじいさんの世界から、くんちゃんがどうやって帰ってきたのかという描写がないんですよね。
子供のころのお母さんの世界や、ひいおじいさんの世界から場面が切り替わると、まるで昼寝から目覚めたように家でくつろいでいるくんちゃんのシーンになっていました。

こうしたシーンや脈絡のないストーリーも、くんちゃんが体験した不思議な夢の物語だと考えるとしっくり来るような気がします。

おわりに

以上、細田守監督『未来のミライ』のあらすじと感想、そして考察を紹介しました。

かなり辛口になってしまいましたが、ぜひ参考にしてみてください。

ABOUT ME
タツ
タツ
1983年生まれ。埼玉県さいたま市在住。ブロガー。ネットショップ店長。このブログの最高月間PVは19万PV。 ブログは自分自身のライフワークとして その時々に考えたことや興味のあることについて綴っていきます。