お出かけ

はとバスの日帰りバスツアーに初参加 ~ 房総半島浜焼き食べ放題とマザー牧場のツアーに行ってきた

投稿日:2016年9月6日
更新日:

こんにちは!くまらぼです。

日帰りのバスツアーって行ったことありますか?

 

僕は先日、初めて日帰りのバスツアーに参加してきました。

最近どういうわけか、テレビ番組でバスツアーの特集をやっているのを良く見かけるような気がします。

テレビで見て気になっていた房総半島の浜焼き食べ放題バスツアー。

9月の最初の日曜日に行ってきました。

スポンサードリンク

はとバスのバスツアーの予約はどうする?

僕たち夫婦が、バスツアーに行くことを決めたのは、ツアー前日の土曜日のこと。

日曜日に予定していたイベントが急遽キャンセルになったので、代わりにどこか行こうかということになり、以前テレビで見て気になっていたバスツアーに行けないか調べてみたのです。

バスツアー会社はたくさんありますが、今回は、バスツアーといえば、はとバスだろうということで、最初に、はとバスのホームページで日帰りツアーを探してみることにしました。

https://www.hatobus.co.jp/dom/daytrip/

はとバスの日帰りツアーは上記のリンクから探すことができます。

 

はとバスの日帰りツアーを見てみると、「食べるアトラクション!手づかみシーフードにハニーアイス&マザー牧場」や、「ひたち海浜公園と那珂湊大ネタ回転寿司食べ放題」などそそられるツアーもたくさんありましたが、今回は浜焼き食べ放題が目当てなので、「暑いぜ!房総浜焼き食べ放題&マザー牧場「桃色吐息」と三井アウトレットパーク木更津」ツアーに申し込むことにします。

 

ツアー前日でしたが、空席があったので申し込むことにします。

旅行代金は1人8,980円でした。

はとバスホームページからの予約は、ツアー前日の17時まで受け付けているようです。

 

また、楽天のポイントなどをためている人は、楽天トラベルのサイトからも、はとバスのバスツアーを予約することができます。

hatobusrakuten

http://travel.rakuten.co.jp/bus/hatobus/

楽天トラベルからの予約は、はとバス公式サイトからの予約と異なり、締め切りの期限が少し早くなるようですが、早めに計画を立てている場合は、ポイント等も使えますし便利だと思います。

はとバスの日帰りバスツアー

今回参加したはとバスのバスツアーの出発場所は浜松町。

朝の8時出発でしたので、さいたま市の地元の駅を6時50分頃に出発する電車で浜松町まで向かいました。

集合時間の7時40分過ぎには順調に到着。

浜松町のはとバス乗り場は分かりやすい場所にあるので、迷うこと無く行くことができました。

手続きを済ませてバスに乗り込みます。

なんとなくバスツアーって、おばちゃん同士や熟年夫婦の参加者が多いイメージがあったのですが、テレビで言っていたのは、最近は案外若い人の参加も多いんだとか。

今回のバスツアーの参加者は36人。

参加者の顔ぶれを見てみると、確かにおばちゃんグループや熟年夫婦が目立ちますが、若い人の姿もちらほらと目につきました。

 

075517

▲バスツアー参加者は、こういうバッジをつけて出発します。

はとバスのバスツアーは時間配分がすごくしっかりしていた

今回参加した日帰りツアーの正式名称は、「暑いぜ!房総浜焼き食べ放題&マザー牧場「桃色吐息」と三井アウトレットパーク木更津」ツアー。

026

浜松町を出発して、

行き先は

「東京湾アクアラインの海ほたる」

「道の駅保田小学校」

「浜焼き市場きよっぱち」

「マザー牧場」

「三井アウトレットパーク木更津」へ行き、

帰りは東京駅で解散というコースです。

 

それぞれの滞在先での時間配分が、もうちょっと滞在していたいというくらいの絶妙な時間配分で、さすがによく考えられているなあと思いました。

バスガイドさんのいるバスツアーは移動中も楽しい!

今回のバスツアーで実際にバスを運行していたのは、はとバスの提携会社の帝産観光バスというバス会社でした。

犬のマークとSTAR LINERというロゴが目印のバスです。

024

ツアーに同行していたのは、はとバスの添乗員さんと、帝産観光バスのドライバーとバスガイドさん。

バスガイドさんがいるバスに乗ったのなんて、高校の修学旅行以来。

でも、たまにはこういうバスツアーも新鮮でいいですね。

 

バスガイドさんはすごく若い方でしたが、一生懸命で楽しいガイドさんでした。

ガイドの内容も、さすがに色々調べて勉強しているようですし、退屈しないような工夫も盛り込まれていて、移動中も楽しかったです。

 

お酒が飲めるのがバスツアーのいいところ!

バスツアーの醍醐味のひとつはやっぱり食事。

今回行った、浜焼き食べ放題のお店も、団体客しか受け入れていないお店のようで、こういうツアーに参加しなければ食べられない食事をたのしむことができます。

そうした美味しい料理を食べるときには、やっぱりビールの一杯でも飲みたいですよね。

これが、自分で運転しているとなると、グッと我慢しなければならないということになってしまいます。

ランチでビールが飲めないというのは、まだ我慢することができますが、酒蔵やワイナリーなどの見学に行って、試飲ができないようなシチュエーションは辛すぎます。

そういう場面では、アルコールを飲んでも大丈夫なバスツアーは、いいですね。

 

あまり興味のない行き先もあるのはバスツアーのデメリットかも

バスツアーのデメリットは、あまり興味のない行き先もコースに組み込まれていることがあるということだと思います。

今回事前に僕が興味を持っていたのは、テレビで紹介されていた、廃校になった小学校を道の駅に改装した「道の駅 保田小学校」と、浜焼き食べ放題。

マザー牧場は、事前にそれほど興味はなかったのですが、実際行ってみたらすごく良かったです。

実際に行ってもあまり楽しめなかったのは、三井アウトレットパーク木更津。

コースに組み込まれているので仕方がないのですが、あまりアウトレットでの買い物に興味がなかったので、大半の時間はフードコートで飲み物を飲んで潰すことになりました。

事前に興味が無くても、実際に行ってみたらすごく良かったということもあると思いますが、あまり興味のない場所にも行かないといけない場合があるというのは、こういうバスツアーのデメリットですね。

 

トータルで考えたらバスツアーはかなりお得

今回のバスツアーの料金は、1人あたり8,980円。

結果として1日でこれだけ楽しめたので、料金としてはすごくお得だと思いました。

同じ内容を個人で楽しもうとすると、浜焼き食べ放題はおそらく3,000円くらい。

マザー牧場の入場料金が1人1,500円で、駐車料金が900円。

これに、レンタカー代金、ガソリン代金、高速代金などを考えると、この価格でこれだけ楽しめるバスツアーはすごくお得だと感じます。

 

1日たっぷり楽しんで、帰りは東京駅で解散。

190439

渋滞やトラブルもなく、すごく充実したバスツアーでした。

 

以上、はとバスの日帰りバスツアーに行ってきた話でした。

それぞれの行き先についての詳しい内容は、別の記事にて書いていきます。

-お出かけ
-

Copyright© くまらぼ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.