お出かけ

道の駅 保田小学校 ~ 鋸南町の廃校跡を利用した道の駅は地域活性化のモデルになるような面白い道の駅だった!

投稿日:2016年9月11日
更新日:

029

こんにちは!くまらぼです。

はとバスの「房総半島浜焼き食べ放題バスツアー」

はとバスの日帰りバスツアーに初参加 ~ 房総半島浜焼き食べ放題とマザー牧場のツアーに行ってきた
こんにちは!くまらぼです。日帰りのバスツアーって行ったことありますか? 僕は先日、初めて日帰りのバスツアーに参加してきました。最近どういうわけか、テレビ番組でバスツアーの特集をやっているのを良...

2番目の立ち寄り先は、千葉の南房総方面、鋸南町の「道の駅 保田小学校」です。

 

▼地図でみるとこのあたり。

10-52-05-372

僕は千葉県の土地勘がないので、地名を言われてもよく分からなかったのですが、千葉県の結構南のほうです。

スポンサードリンク

「道の駅 保田小学校」は、昨年2015年の12月にできたばかり。

創立126年の歴史がある保田小学校という小学校が同じ町内の小学校と統合されることになり、2014年に廃校になったのを、交通の便の良いところにあることから、道の駅に生まれ変わらせることになったそうです。

道の駅 保田小学校は、以前テレビで見たことがあり、すごく興味深く一度行ってみたいと思っていたので、バスツアーで行くことができて良かったです。

テレビにはちょくちょく取り上げられていて、『鉄腕ダッシュ』や『青空レストラン』で、保田小学校が出てきています。

 

道の駅 保田小学校は、小学校跡の校庭が駐車場。

校舎跡の1階がレストラン、2階が宿舎・入浴施設。

体育館跡が直産品販売所となっています。

 

▼小学校の時の様子はこんなかんじだったようですが。

photo_main_1

 

▼道の駅に改装された保田小学校はこんな様子。

028

 

保田小学校の敷地内を見てみると、小学校時代の名残と思われるようなものも見つかって面白いです。

032

▲創立百年記念の石碑。

 

037

▲こんな水道、小学校にあったよなあ。

 

042

▲二宮金次郎像。

 

045

▲井戸。

 

036

▲校舎施設内の内装は、小学校時代のもの?

 

041

▲放送室だった場所がコインロッカーになっているのでしょうか。

校舎跡

校舎跡の1階部分には、レストランなどが入っています。

レストランの店名なども、学校を連想させるようなもので面白いです。

033

▲中国料理「3年B組」。

 

040

▲cafe「金次郎」。

 

038

▲ここのピザが評判だったので、食べてみたかったのですが、まだオープン前でした。

「Da Pe GONZO」。

 

039

▲里山食堂。

 

校舎の2階は宿泊施設になっていて、安く泊まることができるようなのですが、宿泊者以外は立ち入り禁止になっていましたので、見ることはできませんでした。

体育館は直売所に

保田小学校の体育館だった場所は、直売所になっています。

046

 

中はこんなかんじ。

048

 

広々とした直売所に、新鮮な野菜や特産品などがぎっしりと並べられていました。

 

049

▲ハロウィンに向けて、カボチャたち。

 

051

▲なぜかここでも『シン・ゴジラ』グッズが。

 

054

055

056

▲保田小学校オリジナルのお土産も充実していました。

 

057

▲このあたりの特産、殻が青色のアローカナの卵。

 

059

060

▲南房総は鯨の文化が残っているんですね。

鯨肉の加工食品もたくさん置かれていました。

 

直売所では、野菜やお土産を結構買い込んでしまいました。

そして、買い物をした後のビニールの買い物袋も保田小学校オリジナル。

065

 

とことん、小学校跡の道の駅という特徴にこだわって、しっかりと保田小学校をブランディングしているのがすごいと思いました。

すごく楽しい道の駅ですので、近くに立ち寄った際はぜひ訪れてみてください。

 

以上、道の駅 保田小学校に行った話でした。

 

※追記

YouTubeを見ていたら、保田小学校を上空から撮影したドローン映像がありましたので紹介しておきます。

こうして見ると、本当に小学校の構造を活かした造りになっているのがよく分かりました。

 

-お出かけ
-

Copyright© くまらぼ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.