グルメ・食

むさし坊(武蔵浦和)~人気ラーメン店の鶏白湯スープラーメンは化学調味料不使用で身体にも嬉しかった!

投稿日:2016年11月23日
更新日:

こんにちは!くまらぼです。

武蔵浦和のラーメン屋さん「むさし坊」でラーメンを食べました。

「むさし坊」は、武蔵浦和のラーメン屋さんの評判で調べると、だいたい1位か2位の評価を得ているラーメン屋さん。

僕も以前一度行ったことがあったのですが、実はそのときはあんまり美味しいと思わなかったんですよね。

でも、やっぱり評判をみるとすごくいいですので、自分の舌が間違ってたのかなあ、もう一回食べに行きたいなあと思っていました。

そんなとき、ちょうど行く機会ができましたので、もう一度「むさし坊」のラーメンを食べに行きました。

改めて食べてみると、すごく美味しい!

前回食べたとき、どうして今いちだと思ったのかも分かりましたので、そのへんも含めてお店の紹介をしていきます。

スポンサードリンク

化学調味料を使っていない鶏白湯ラーメン

「むさし坊」のラーメンの特徴は、なんといっても化学調味料を使っていないということ。

ラーメンのスープの見た目は、一見すると豚骨のように白く濁ったスープなのですが、これは鶏でダシをとったスープらしいです。

そんなわけで、ラーメンとしてはかなり自然派なラーメンとなっているのですが、そこが、僕が以前ちょっと物足りないと思った点だったかもしれないです。

ラーメンの食券を店員さんに渡すときに、「薄め」か「濃いめ」かを聞かれるのですが、確か前回は薄めと答えたのですね。

「むさし坊」のラーメンは、化学調味料不使用なので、普通のラーメン店の薄めをイメージしていたら、想像していたより薄かったということになるかもしれないです。

でも、化学調味料を使っていないということで、やっぱりすごく優しい味がします。

味も美味しいですし、身体にも嬉しいラーメンです。

お店の内装はなぜかハワイ

「むさし坊」の店内は、なぜかハワイっぽい内装になっています。

青空と雲の壁紙、南国風の絵、店員さんが着ているのがアロハシャツと、なんだかちょっと違和感を感じるのですが、なにか意味があるのでしょうね。

また行くことがあれば、機会があれば聞いてみたいと思います。

musasibo_004

ちゃーしゅう麺を注文

「むさし坊」のラーメンは、食券を買う時に太麺か細麺を選び、食券を店員さんに渡すときに、薄めか濃いめかと、麺の硬さを選ぶシステム。

一番安いスタンダードの「むさし坊ラーメン」は720円。

今回は、960円の「ちゃーしゅう麺」の麺太めを注文しました。

 

ラーメンのオーダーは、濃いめで麺は普通。

少ししてやってきたラーメンはこんなかんじ。

チャーシューがたくさん乗ってるのが嬉しい!

musasibo_001

真ん中の赤いのはクコの実です。

スープを飲んでみると、前回の印象とは全然違う、上品で濃厚なスープでした。

musasibo_002

太麺との絡みもばっちり。

美味しいラーメンです。

ラーメンに塩昆布!?味を自分で調整できるのが嬉しい

musasibo_003

「むさし坊」で面白いのが、自分でラーメンの味を調整できるところ。

もちろんほかのラーメン屋さんでも、卓上調味料は置いていますが、「むさし坊」で面白いのは、塩昆布でラーメンの塩加減を調整するところ。

ラーメンに塩昆布?と思いますが、むさし坊のラーメンのスープには合うんですね。

塩昆布の他にも、豆板醤や柚子胡椒もありましたので、いろいろな味わいを楽しめそうです。

 

以上、武蔵浦和の人気ラーメン店「むさし坊」の紹介でした。

 

関連ランキング:ラーメン | 武蔵浦和駅

-グルメ・食
-

Copyright© くまらぼ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.