漫画

「タラレバ娘」7巻感想 ~ 物語は突然ベタな少女漫画展開に!?これからどうなる?(ネタバレあり)

投稿日:2017年1月27日
更新日:

 

こんにちは!くまらぼです。

先日1月13日に発売された『東京タラレバ娘』の最新刊の7巻を読んだので、感想を書いておきます。

 

東京タラレバ娘(7) (KC KISS)
東村 アキコ 講談社 2017-01-13
売り上げランキング : 55

by ヨメレバ

 

 

ちなみに、吉高由里子さん主演の実写ドラマのほうは、なんとか2話までは観たのですが、3話目以降はもう観ないと思います。

漫画とドラマは別物ですね。

 

前巻の第6巻は、倫子と早坂さんがいい感じになって、デートをするというところで終わりました。

『東京タラレバ娘』6巻を発売日に購入!ネタバレありの感想を書いておきます
9月13日は楽しみにしていた東村アキコ作、『東京タラレバ娘』第6巻の発売日。楽天ブックスで事前に予約しておいたのが、ポストにちゃんと届いていました! 表紙は背中合わせの倫子とKEY。背景は、東京タワー...

 

倫子と早坂さんが予約していたレストランに着くと、なぜかそこにはKEYがいて・・・

という展開でしたね。

 

第7巻ではどうなったのか、ネタバレありでストーリーと感想を書いていきます。

スポンサードリンク

早坂さんとの大人の恋愛が実りそうになるものの。

倫子と早坂さんがレストランに着くと、そこにはKEYがいました。

二人はKEYのペースに乗せられるかたちで、KEYも含めた三人で食事をすることになります。

 

KEYの狙いがなんなのかは分からないのですが、倫子と早坂さんにちょっかいを出して、二人がうまくいかないように仕向けようとしているように見えます。

 

KEYの失礼な言動に対して焦る倫子ですが、一方で早坂さんは淡々とした態度を崩しません。

「傷ついたもの同士だからできる恋愛もあるんです」と言い放ちます。

ちょっと頼りない印象だった早坂さんですが、このシーンでの早坂さんはKEYよりもずっと大人だし男らしいですね。

 

結局倫子と早坂さんは付き合うことになり、一気に同棲するという流れになっていきます。

 

個人的には、この二人、すごく似合ってると思うんですよね。

おさまるべきところにおさまる感じというか、平凡だけど一緒にいて楽な相手と結ばれるというのも、この漫画の結末としてありなんじゃないかと思います。

(この漫画で心をかき乱されてきたアラサー女子たちが、そんな平凡な結末で納得するのかは分かりませんが・・・)

 

でもやっぱりというか、そう単純に結末は迎えないんですよね。

KEYの過去が判明。少女漫画な展開に!?

『タラレバ娘』7巻の後半では、KEYの過去が描かれます。

そして、なぜ倫子に対してやたらと絡んでくるのかも判明します。

 

結構「えっ」と言ってしまうような展開なのですが、唐突にベタな少女漫画のようなストーリーになってしまっています。

 

7巻で描かれたKEYの過去とは。

 

KEYは子供のころ病弱で、ずっと入院していた。
このとき主治医だったのが、新任の女性医師。
この女性医師とKEYが後に結婚する。

KEYが17歳、女性医師が30歳を過ぎた頃、彼女は末期癌におかされていることが判明。
女性医師が、「お嫁さんになることが夢だった」とKEYに話すと、KEYは「オレが18歳になったら結婚しよう」と言い、二人は結婚。
けれども、彼女は病気が回復することなく亡くなる。

倫子は、KEYの妻であったその女性医師によく似ていた。
KEYも自分では気づいていなかったけど、倫子のことが好きだったのでは?

 

という展開です。

 

う~ん、これからどうなるんでしょうか。

 

結局『タラレバ娘』も、なぜかイケメンに好意を寄せられるヒロインという、ベタな少女漫画のような物語だったのでしょうか。

 

7巻の終わりではKEYは失踪していて、KEYを救うことができるのは倫子だけ、という雰囲気になっています。

 

まさか、倫子とKEYが付き合うことになるとか結婚するとかいうことはさすがに無いと思うのですが、早坂さんとの関係はどうなるのでしょうか。

 

KEYの過去を知った小雪や香やマミが、KEYの味方っぽくなっているのも気になります。

 

なんだかKEYの過去エピソードはすごくベタな話でしたし、これで結局ミステリアスなイケメンと結ばれるというような展開になるのかどうか。

 

ラストに向けて大きくストーリーが動いたという感じです。

これからどうなるのでしょうか。

次巻も楽しみです。

 

東京タラレバ娘(7) (KC KISS)
東村 アキコ 講談社 2017-01-13
売り上げランキング : 55

by ヨメレバ

 

-漫画

Copyright© くまらぼ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.