お酒

グランドキリン「雨のち太陽のセゾンビール」~雨上がりの晴れた日曜日の昼間に飲みたいビール

キリンビールのこだわりシリーズ、グランドキリンの「雨のち太陽のセゾンビール」を飲みました。

2016年5月24日に発売開始したビール、なんと「雨季限定」だそうです。

コンセプトは「梅雨の晴れ間の太陽の香り」のビール、どんな味なんでしょうか。

 

「雨のち太陽のセゾンビール」の感想

20160624beer1 20160624beer2 20160624beer3

まずはラベルのデザインがすごく良いです。

紫陽花や雨を連想させる青色と、ビールや太陽を連想させるオレンジ色の組み合わせがすごく素敵です。

裏書きによると、「セゾンビール」とは、ベルギーやフランスの一部で、冬に仕込み夏の農作業の合間に飲まれていたビールだそうです。

 

飲んでみました!

20160624beer4

ビールの色はキレイなオレンジ色。

香りもフルーティーです。

一口飲むと、かなりライトで飲みやすいです。

でもアロマの香りはしっかりついていて、柑橘系の香りが喉の奥に入っていくような感じです。

後味もすっきりしていて、少し苦味を感じる柑橘系という印象。

口に入った時はレモンで、後味はグレープフルーツという感じでしょうか。

 

このビールは食事に合わせるよりも、単独で飲んで美味しいビールですね。

コンセプト通り、雨上がりの晴れた日曜日の昼間とかに飲んだら、最高の気分になりそう!

かなり爽やかで軽快なビールです。

とても気に入りました。

 

こちらの記事もどうぞ!

[st-card id=352]

[st-card id=386]

[st-card id=2992]

ABOUT ME
タツ
タツ
1983年生まれ。埼玉県さいたま市在住。 ブロガー。 元ネットショップ店長。 2018年の春からフリーランスになりました。 このブログは自分自身のライフワークとして その時々に考えたことや興味のあることについて綴っていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)