お出かけ

北杜市パン屋めぐり「ろくぶんぎ」天然酵母のずっしりもちもちのパンが美味しい!

投稿日:2017年3月19日
更新日:

こんにちは!くまらぼです。

この記事は、山梨県北杜市旅行記の3記事目になります。

前回の記事はこちら

バスタ新宿から高速バスで北杜市へ。高速バス旅行は価格面でメリット大!電車より安いので節約になります。

こんにちは!くまらぼです。 前回に引き続き、山梨県北杜市旅行記を書いていきます。   前回の記事はこちら   今回は首都圏(東京)から山梨へ行くにはどの交通手段で行くのがいいのかに ...

続きを見る

 

僕たち夫婦は一泊二日で北杜市へ行ったのですが、一日目は北杜市在住の妻の友人(Sさん)が、北杜市を車で案内してくれることになっていました。

Sさんは、北杜市の魅力を紹介するのに「北杜市の自然を楽しむコース」と「北杜市の食を楽しむコース」の2つのパターンを考えていてくれたのですが、僕たち夫婦が食べることが好きだということで、今回の旅では「北杜市の食を楽しむコース」を案内してくれました。

Sさんが考えてくれた「北杜市の食を楽しむコース」とは、北杜市のパン屋さんめぐり

北杜市は街の人口に対してパン屋さんがすごく多いようで、北杜市としてもパン屋さんを観光資源としてアピールしているようなのです。

Sさんが用意してくれていたのが、「HOKUTO BAKERY map」という、北杜市のおいしいパン屋さんを紹介するマップ。

この地図には北杜市内の22のパン屋さんと4つのサンドイッチ自慢のカフェが紹介されています。

 

あとで分かったのですが、パン屋さんは北杜市内にまんべんなく散らばっていますし、北杜に移住した人がパン屋さんを開業しているということが多いためなのか、景色のいい場所にパン屋さんを構えていることが多く、パン屋さんめぐりをするだけで北杜市のいろんな景色を楽しむことができるのです。

スポンサードリンク

「ろくぶんぎ」へ

 

僕たちは高速バスで中央道長坂高根のバス停で降りて、まずはSさんの車で「ろくぶんぎ」というパン屋さんに向かいました。

北杜市の道路は、大きな通りを少し外れると、すごく細い道だったり舗装されていない道だったりが普通にあるので、土地勘に慣れるには大変だと思いました。

ろくぶんぎも、大きな道路から細い道に入った先にありました。

ろくぶんぎがあるのは、のどかな風景が広がる景色のいい広々とした場所。一見普通のオシャレな家のようなつくりのパン屋さんがろくぶんぎです。

まわりにはぽつりぽつりと家が並んで並んでいる住宅地のようですが、このあたりの家は新しい家が多いようです。

道端に薪が置かれているこの景色。いいですねえ。

 

お店に入ると、パンの販売スペースはスッキリした4畳半ほどの広さ。

棚には美味しそうなパンが並んでいます。

ろくぶんぎのこだわりは、北海道産小麦粉とホシノ天然酵母を使っているところ。また、菓子パン以外では卵を使っていないそうです。

僕たちはバターロール、チョコクリームパン、いちじくのパンなどを購入。

 

天然酵母を使ったパンらしいモチモチ感と、しっかりした歯ごたえがとっても美味しいパンでした。

ろくぶんぎの店舗情報

ろくぶんぎの公式サイトはこちら。

http://rokubungi.main.jp/bakery/index.php

営業は「金、土、日、月」の週4日。営業時間は午前10時30分から午後6時です。

 

アクセス

 

ろくぶんぎを経営しているのは北杜市へ移住してきた家族だそうです。

昨年の10月にはテレビ朝日の「人生の楽園」で紹介されたそうですよ。

 

以上、北杜市旅行記、ろくぶんぎの紹介でした。

-お出かけ
-

Copyright© くまらぼ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.