お出かけ

沢渡温泉(群馬県)の紹介と首都圏方面から沢渡温泉への行き方

2017年の年末に、群馬の沢渡温泉(さわたりおんせん)に一泊二日で行ってきました。

宿泊したのは龍鳴館というレトロな雰囲気の旅館です。

沢渡温泉のお湯は、源泉かけ流しの素晴らしい泉質の温泉で、これでもかというくらい温泉を堪能できました。

 

この記事では、沢渡温泉の紹介と、沢渡温泉に首都圏方面から行く場合のアクセス方法を紹介します。

それではいってみましょう。

Sponsored Links



沢渡温泉とは

知る人ぞ知る穴場の温泉

沢渡温泉は、群馬県吾妻郡中之条町にある温泉地です。

秘境といってもいいような鄙びた雰囲気の温泉地で、小さなエリアに10軒ほどの旅館と、共同浴場があります。

共同浴場では日帰り入浴ができますし、日帰り入浴ができる旅館もいくつかあるようです。

 

沢渡温泉は、西に山を越えれば草津温泉、北に山を越えれば四万温泉という、有名温泉地に囲まれた立地にあります。

草津温泉や四万温泉といった有名温泉地に比べたら、沢渡温泉は知名度的にはそれほどではないですが、知る人ぞ知る温泉地として、温泉好きの人のあいだでは有名だそうです。

 

素晴らしい泉質の美肌の湯

中之条駅から沢渡温泉の旅館まではタクシーを使ったのですが、地元のタクシーの運転手さんの話では、沢渡温泉の泉質は四万温泉よりもいいとか。

また、草津温泉のお湯は、一晩釘を浸けておけば溶けてしまうというほどの強酸性の温泉。お湯に慣れていないと肌が荒れてしまったという湯治客もいたようです。

そうした人が草津からの帰り道、沢渡温泉で肌を整えたということから「草津の治し湯・仕上げ湯」と言われており、「一浴玉の肌」と言われる美肌の湯でもあります。

 

僕が温泉に入った実感としても、確かに一度浸かれば肌がすべすべになったような実感がありました。

どこの旅館でも源泉かけ流しの温泉が使われています。

僕が宿泊した龍鳴館という旅館では、源泉かけ流しのお湯が贅沢に流れていて、24時間いつでも温泉に入ることができました。

さらに、お風呂はほぼ貸し切り状態。

泉質もすごくよくて、無色透明で少し硫黄のにおいがするお湯。温度は50度くらいはありそうなすごく熱いお湯でしたが、身体が芯から温まるいいお湯でした。

Sponsored Links



首都圏方面から沢渡温泉への行き方

公共交通機関を使って東京・埼玉方面から沢渡温泉へ行く方法を紹介します。

中之条駅までの行き方

沢渡温泉の最寄り駅は、中之条という駅です。

 

首都圏方面から中之条へ行く方法で、おそらく一番楽なのは「特急草津」という特急電車に乗ることです。

特急草津は、上野、赤羽、浦和、大宮、熊谷、高崎などを経由して中之条駅に停まります。

上野からの乗車時間は2時間ほど上野駅から中之条駅までの料金は3900円ほどです。

 

新幹線を使うという方法もありますが、高崎駅でローカル線に乗り換える必要があるので面倒ですし、乗り換えで時間もロスしますので、最初から特急草津に乗るほうがおすすめです。

 

あとは、普通電車を乗り継ぐという方法があります。

実は今回、帰省ラッシュと重なって特急がすごく混んでいたので、行きはこの方法で行きました。

JR高崎線で高崎駅まで行って、高崎駅で吾妻線に乗り換え、中之条駅に行くという方法です。

高崎線高崎行きの電車では、グリーン車に乗れば、ゆったり過ごすことができますし、時間的にも実は特急とそれほど変わらないので、急いでいなければこれもおすすめです。

 

また、東京方面から四万温泉に向かう四万温泉号などの高速バスでは、途中中之条駅や沢渡温泉入口などのバス停に停車しますので、高速バスを利用するのもいいと思います。

ただし、沢渡温泉入口というバス停から、沢渡温泉は結構離れていますので、そこは注意してください。

 

中之条駅から沢渡温泉まで

中之条駅から沢渡温泉までは車で20分くらい

 

中之条駅から沢渡温泉まで行く方法は、バスかタクシーがあります。

バスで沢渡温泉へは620円で行けますが、バスの本数は少ないので、あらかじめ時刻表のチェックが必要です。

 

僕たちはバスの乗り継ぎのタイミングが悪かったので、今回はタクシーで中之条駅から沢渡温泉まで行きました。

タクシーの料金は4000円くらい

おしゃべり好きそうな運転手さんで、地元の情報をたくさん話してくれて楽しかったです。

 

おわりに

僕たちは今回、沢渡温泉の龍鳴館という旅館に泊まったのですが、かつてないほど温泉を堪能することができて、すごく気に入りました。

沢渡温泉は首都圏からも比較的行きやすい場所にあるので、機会があればまたリピートしたいですね。

 

以上、沢渡温泉の紹介でした。

ABOUT ME
タツ
タツ
1983年生まれ。埼玉県さいたま市在住。 ブロガー。 元ネットショップ店長。 2018年の春からフリーランスになりました。 このブログは自分自身のライフワークとして その時々に考えたことや興味のあることについて綴っていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)