ネット・IT

1000円以下のコスパ最強マウスはAmazonベーシック USBマウスで決まり!

投稿日:2017年6月12日
更新日:

くまらぼ(@kumalabo_blog)です。

 

パソコンのマウスってどんなものを使っていますか?

案外マウスって、どういうタイプのものがいいのか、個人の好みが分かれる道具だと思います。

 

僕が最近気に入って使っているのは、AmazonベーシックのUSBマウス「MSU0939」というもの。

価格は698円です。

 

個人的には、現時点において1000円以下で買えるマウスの中ではコスパが最も高いマウスじゃないかと思っています。

 

それではさっそくAmazonベーシックUSBマウス「MSU0939」について紹介します。

スポンサードリンク

AmazonベーシックのUSBマウス「MSU0939」の紹介

僕は基本的にマウスは消耗品だと思っているので、安くて使いやすいものを好んで使うようにしています。

 

マウスって個人のフィーリングでの好き好きもあると思うんですけど、僕の好みを書き出してみると、

・しっかりしたホールド感というより、親指と人差し指または中指でつまむような感じで動かせる小ぶりなタイプ。

・クリックボタンは、しっかりと押したときの手応えが欲しい。でも音は静かな方がいい。

・スクロールボタンもしっかりと回転した時の手応えがあったほうがいい。

・思い通りにストレスなくマウスカーソルが動くのがいい。

 

といった感じ。

思い通りにストレスなくマウスカーソルが動くということから、有線のものが好みです。

無線のものもいくつか試したんですが、コンマ何秒というレベルで微妙に反応が遅かったり、思い通りに動かない感じがあったんですよね。

BUFFALO の有線BlueLEDマウス「BSMBU26SM」

そんな僕が、Amazonベーシックのマウスに出会う前に愛用していたマウスは、BUFFALO の有線BlueLEDマウス「BSMBU26SM」というやつ。

このマウスは、先ほど挙げた僕の好みにピッタリで、軽くて適度なサイズ。クリック音が静か。ホイールの回転も、静かだけどしっかり感があって、すごく好みなんです。

 

だけど、このマウスには大きな欠点があります。

それは、壊れやすいということ。

 

使いやすさの部分では、非常に満足度が高かったですし、710円と価格も安いので、壊れたら買い換えればいいかということで3~4回買い替えてたんですが、最後に買い替えたものがたった1カ月ほどでクリックボタンが反応しなくなったので、さすがに買い替える気がしなくなってしまいました。

 

このマウスが壊れやすいというのは、Amazonのレビューにもたくさん書かれているので、僕が外れに当たっただけというわけでもないと思います。

 

そういうわけで、BUFFALOの「BSMBU26SM」に替わる新しいマウスを探していたところ、出会ったのがAmazonの「MSU0939」なのです。

AmazonベーシックUSBマウス「MSU0939」

Amazon「MSU0939」の外観はこんな感じ。

黒一色で無骨な雰囲気です。

 

表面の質感がこのマウスの特徴で、マットで肌触りのいい感触のプラスチックになっています。

「カチッ」という音はしますが、クリック音もまあ静かですし、ホイールを回転する感覚も好みです。

 

フィーリングの部分なのでうまく言えないのですが、すごく手に馴染んで使いやすい感じがします。

使いやすいペンと同じように、主張しすぎない、ベーシックでシンプルな銘品という感じです。

 

一台目を半年近く使っていますが、まだまだ壊れる気配はありません。

 

気に入ったので別のパソコン用にも買って、全部で3台になりました。

 

マウスに多機能性を求める人には全然不向きですが、ベーシックでシンプルなマウスを探している人にとってはすごく良いマウスです。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

以上、AmazonベーシックのUSBマウス「MSU0939」の紹介でした。

 

-ネット・IT

Copyright© くまらぼ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.